wedding ceremony

挙式のご案内

限定一日一組という貴重な場所で、仏前結婚式“縁結びの儀”・人前結婚式“結の儀”をお選びいただき、おふたりがこの広い世の中で出逢い、結婚に至ったお互いの縁を大切にした結婚式を執り行っています。

縁結びの儀

八事の杜 興正寺は300年の時を刻んできた歴史ある由緒正しきお寺。 その歴史の中で僧侶たちによって語り継がれてきた【縁結びの樹】の言い伝え。興正寺本堂前の五重塔そばにある樹齢200年を超す“霊木”・“クロガネモチ” という樹がたっている。 向いあう2本の樹の幹が約200年の時間をかけ、まるで手と手を取り寄り添うようにそれぞれの樹の幹が、一本の枝であったかのように繋がっていったのです。 この不思議な姿を興正寺の僧侶たちは縁結びの樹として大切にしてきたのです。そして、その縁結びの樹の下にあるのが、実際に縁を結ぶとされてきた「なで石」です。願を掛けつつ、このなで石を三度撫でれば、相手の心に想いが通じ、縁が結ばれると伝えられ、多くの方に撫でられてきました。 そんな僧侶たちの言い伝えが、【縁結びの儀】というかたちで、興正寺挙式になりました。縁結びの樹のように、手と手を取り合い、いつまでも夫婦として寄り添っていけるように。。。

人前式 結〜ゆい〜

 人前結婚式「結いの儀」とは、お二人にとって一番大切な、かけがえのない人々の前で愛を誓い、承認して頂く事を目的としています。ゲスト全ての皆様が、結婚の証人であり立会人でもあります。 お二人で育まれた信頼と愛情の象徴として編まれた純白の糸に、ゲストの方に贈ることで幸せが大きくなると言われている8本の紅い糸を由縁(ゆかり)の糸として結んでいただきます。 8本の紅い糸には各々に「感謝・幸福・信頼・誠実・希望・永遠・尊敬・愛情」という意味があり、末広がりを願って出席者からの想いを伝える事になります。

挙式までの
スケジュールの目安

結婚式は、新しい家族や大切な人たちに囲まれる中ふたりが永遠の愛を誓う大切な場。両家が重んじる格式やしきたりもふまえつつ、こだわりのふたりスタイルウエディングを叶えてみんなが心から喜べる最高の時間を!